GWに四国に行って来たので写真をうpする

1: pkpk117 2014/05/30(金)09:04:34 ID:7c1nqWbac
no title

注意
名古屋から三泊四日の車移動
愛媛がメイン、高知、徳島も

松山市、高知市、徳島市には行っていない
過去に何度も行っているので今回はスルー

妖精さんが映りこんでいるのもあるかも知れないが
スルーでお願い

一日で終了は無理だから今日から3日間書いていく
気長に見ていってね

て事でOK?

2: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)09:05:29 ID:MSvaPlTax
おk

引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1401408274/

スポンサーリンク

以下、みんなの反応

3: pkpk117 2014/05/30(金)09:09:12 ID:7c1nqWbac
no title

夜中に家を出て高速を使って淡路島経由で四国上陸
朝焼けの吉野川

4: pkpk117 2014/05/30(金)09:12:28 ID:7c1nqWbac
no title

朝8時前に愛媛の旧別子銅山跡に到着

5: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)09:15:14 ID:R7medDCvd
何で撮ってるの?

6: pkpk117 2014/05/30(金)09:18:03 ID:7c1nqWbac
カメラはソニーNEX-3cです
7: pkpk117 2014/05/30(金)09:19:56 ID:7c1nqWbac
こちらのサイトを参考にしました

8: pkpk117 2014/05/30(金)09:22:48 ID:7c1nqWbac
no title

日浦登山口から中腹の東延までの往復の予定

9: pkpk117 2014/05/30(金)09:26:08 ID:7c1nqWbac
no title

軽い説明


no title

さぁ行くよ~!!

11: pkpk117 2014/05/30(金)09:30:24 ID:7c1nqWbac
no title

最初はこんな感じで10分程度上っていきます

12: pkpk117 2014/05/30(金)09:39:39 ID:7c1nqWbac
no title

最初の遺構

no title

元はお寺の跡
今でも住金が管理しているのですね

no title

14: pkpk117 2014/05/30(金)09:42:25 ID:7c1nqWbac
no title

寺跡からすぐ橋を渡ると何やら大規模な石垣が出てきた

15: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)09:42:46 ID:CLJynX0wp
途中でごめん
すごく初歩なのですが>>1のお城どこですか?

16: pkpk117 2014/05/30(金)09:44:30 ID:7c1nqWbac
>>15
宇和島城デス

17: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)09:46:12 ID:CLJynX0wp
>>16
ありがとう
行ってみたいリストに追加しました
続きお願いします

19: pkpk117 2014/05/30(金)09:54:14 ID:7c1nqWbac

no title

お酒や調味料関係を作っていた所みたいですね
no title

no title


no title

唯一の遺構はレンガの煙突だけです

20: pkpk117 2014/05/30(金)10:01:15 ID:7c1nqWbac
no title

当時のレンガの残りが散らばっています

no title

まだ先は長いです。先を急ぎます

21: pkpk117 2014/05/30(金)10:02:29 ID:7c1nqWbac
no title

何やらレンガ造りの建物が見えてきました

22: pkpk117 2014/05/30(金)10:04:29 ID:7c1nqWbac
no title

これはデカイ

23: pkpk117 2014/05/30(金)10:14:01 ID:7c1nqWbac
no title


no title

残っているのは壁だけだった
no title

当時のレンガとは思えない位綺麗ですね

24: pkpk117 2014/05/30(金)10:20:38 ID:7c1nqWbac
no title

no title

小学校跡


25: pkpk117 2014/05/30(金)10:27:33 ID:7c1nqWbac
no title

no title

こちらが小学校跡だった

26: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)10:33:13 ID:wFF4I8gxt
すげーところだな

28: pkpk117 2014/05/30(金)10:45:14 ID:7c1nqWbac
>>26
当時の大半の建物はすでに撤去されているのですが
(当時の住金がここから撤退するときに山を元に戻す
 と言う意味で当時あった建物を撤去して跡地に植林をしていきました)
十分に当時の規模は察しれます
自分の写真では十分に説明出来てないです

27: pkpk117 2014/05/30(金)10:36:31 ID:7c1nqWbac
no title

広い広場に出て来ました

no title

no title

ここで給水していきます。水が冷たくて美味しい




29: pkpk117 2014/05/30(金)10:59:55 ID:7c1nqWbac

no title

川沿いの向こう側にも遺構が残っています

no title

no title

登山道は大きな崩落ヵ所は一つも無く、さすが今でも住金の
管理している山ですね

30: pkpk117 2014/05/30(金)11:02:47 ID:7c1nqWbac
no title

no title

さて、この橋を渡って中腹まで行きます

31: pkpk117 2014/05/30(金)11:08:04 ID:7c1nqWbac
no title

ここからは一気に勾配が急になります
no title

目的地の東延まであとわずかです

32: pkpk117 2014/05/30(金)11:16:32 ID:7c1nqWbac
no title

何やら水路の所に出て来ました

no title

なぞのレンガ遺跡ですが・・・・水門??

no title

何でこんな所にこんな物があるんですかねー

33: pkpk117 2014/05/30(金)11:24:44 ID:7c1nqWbac
no title

no title

南口到着。ここから東延まではすぐです
no title



35: pkpk117 2014/05/30(金)11:33:01 ID:7c1nqWbac
no title

さすがに中には入れません

36: pkpk117 2014/05/30(金)11:48:26 ID:7c1nqWbac
no title

そしてやっと東延まで着きました

no title

周りの木が邪魔だし、下にも降りれない・・

no title

当時の姿

37: pkpk117 2014/05/30(金)11:51:05 ID:7c1nqWbac
昼なので少し休みます13時位から再開します

38: pkpk117 2014/05/30(金)13:21:17 ID:7c1nqWbac
再開するよー
取り合えずここからは来た道を戻るだけ

no title

行きは気付かなかったが無造作に置きすぎ

39: pkpk117 2014/05/30(金)13:23:02 ID:7c1nqWbac
no title

天気は良い。暑い位に

40: pkpk117 2014/05/30(金)13:27:02 ID:7c1nqWbac
no title

no title

山の中に太陽光が入ると雰囲気が変わるね

41: pkpk117 2014/05/30(金)13:32:45 ID:7c1nqWbac
no title

幻想的な感じです

no title

ここが住金による住金の為の住金の土地なんですね

42: pkpk117 2014/05/30(金)13:36:23 ID:7c1nqWbac
no title

さあ、もうすぐでスタート地点です

no title

到着。やはりGW期間なので駐車場は満車
道路の路肩にも車が並んでいます

43: pkpk117 2014/05/30(金)13:43:05 ID:7c1nqWbac
こちらは往復でほぼ2時間程度です
道も危険なヵ所は無くしっかり整備されています
ハイキングレベルには良い所ですね

44: pkpk117 2014/05/30(金)13:51:03 ID:7c1nqWbac
まだまだ別子銅山関係は続くよ
次はココ
no title

ここは車でも来れる所です
標高750mの山中にある東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれ、社宅・小学校・劇場・接待館が建てられるなど、昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていました。     下の写真はクリックで拡大します。  東平貯鉱庫跡   東平地域を代表する産業遺産のひとつに、重厚な花崗岩造りの

45: pkpk117 2014/05/30(金)14:04:05 ID:7c1nqWbac
no title

no title

ここは東平で先ほどの旧別子は江戸から明治にかけて
当時の本部(指令所)が置かれた所で
この東平は旧別子から本部か移り大正から昭和にかけて
別子銅山の中心だった所です

46: pkpk117 2014/05/30(金)14:12:15 ID:7c1nqWbac
no title

no title

さすがに明治後期になると建物の規模が変わってきますね

47: pkpk117 2014/05/30(金)14:14:14 ID:7c1nqWbac
no title

no title

ミスったWWWW

48: pkpk117 2014/05/30(金)14:19:46 ID:7c1nqWbac

no title

一見普通の階段に見えますが



no title

実は遺構の再利用なんですね

49: pkpk117 2014/05/30(金)14:25:27 ID:7c1nqWbac
no title

建物の全体デカイです

50: pkpk117 2014/05/30(金)14:35:14 ID:7c1nqWbac
no title

no title

発電所

no title

no title

中はさすがにボロホロ。
夜中には行きたく無いデスネ

51: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)16:04:02 ID:mrj7mrUJC
凄い場所だな

52: pkpk117 2014/05/30(金)17:23:27 ID:7c1nqWbac
no title

第三通洞
ここから入れば


no title

先ほどのココに旧別子に出れるらしいです
長さ1.8。当時は旧別子の住民もココを通ったみたいです

kno title

トロッコの線路跡も残っています




53: pkpk117 2014/05/30(金)17:34:45 ID:7c1nqWbac
さて、これで別子銅山関連は終わりますが
まだ昼位です。
次はこちらに行きました
no title

54: pkpk117 2014/05/30(金)17:51:20 ID:7c1nqWbac
四国一の高さを誇る石鎚山に行きます
正確には途中の石鎚神社成就社まで行きます
※MAPをクリックするとPDFファイルをダウンロードします。※登山地図英語版(Climbing map English edition)※西条市 石鎚山英語版紹介ページForeign language introduction page of Mt.Ishizuchi is now available from

55: 名無しさん@おーぷん 2014/05/30(金)17:51:49 ID:t8Fb3Mxu1
お、続いてる

57: pkpk117 2014/05/30(金)17:59:00 ID:7c1nqWbac
>>55
一時寝オチしていましたが続けていますよ

56: pkpk117 2014/05/30(金)17:57:41 ID:7c1nqWbac
no title

それではプウェイに乗って

no title

神社まで行きます

58: pkpk117 2014/05/30(金)18:01:43 ID:7c1nqWbac
no title

ロープウェイ到着

no title

なるほどなるほど

59: pkpk117 2014/05/30(金)18:07:38 ID:7c1nqWbac
no title

さらにリフトを使って高さを稼ぎます
no title

結構な急勾配です

60: pkpk117 2014/05/30(金)18:14:27 ID:7c1nqWbac
no title

ココまで来てやっと石鎚山が見えてきました

61: pkpk117 2014/05/30(金)18:17:05 ID:7c1nqWbac
no title

この辺りはまだ新緑は早いですね

62: pkpk117 2014/05/30(金)18:22:34 ID:7c1nqWbac
no title

神社到着

no title

狛犬~

63: pkpk117 2014/05/30(金)18:40:55 ID:7c1nqWbac
no title

石鎚山

no title

ココから先が石鎚山の登山道になります